■教育活動

 柳瀬小学校 教育活動の特色 

【確かな学力を定着させるために】

 ・ 一人ひとりの実態を把握し、個に応じた指導を行っています。
 ・ 2,3学年と5,6学年の複式を解消し、各学年に応じた教科学習を行っています。
 ・ 小規模校の特色を生かした学習活動として、異学年合同の学習活動を行っています。
 ・ 朝の活動として「チャレンジタイム(みやこ町共通教材学習の実施)」や「読書タイム」を
  行っています。なお、月に2回「漢字検定」と「きのこの子による読み聞かせ」を行っています。
 ・ サマースクール(1学期終業後3日間)の実施をしています。

【豊かな心や健やかな体を育成するために】

 ・ 清掃活動や集会などで縦割りの全校活動を行っています。
 ・ 外国語活動を通し、国際社会に対応した豊かなコミュニケーション能力を育成しています。
 ・ 「“新”家庭教育宣言」の実施を通し、「早寝・早起き・朝ご飯」運動に取り組み、基本的な
   生活習慣の定着を図っています。また、月1回「ノーメディアデー」を定め、「ゲームをしない日、
   テレビをみない日」の取り組みを行っています。
 ・ 「やなせっ子ノート」(柳瀬小学校のきまり)を全家庭に配布し、全学年共通した規範意識の
   育成を図っています。

【地域との連携】

 ・ 近隣の小中学校との連携により、出前授業や小中連絡会の実施をしています。
 ・ 犀川中学校校区の小学校間の交流授業の実施をしています。
 ・ 地域の「人・もの・こと」を活かした総合学習の取り組みを行っています。
 ・ 運動会やバザーなどで保護者や地域と連携した学校行事を実施しています。
 ・ 地域の方の協力による、安全な登下校のサポートを行っています。