■経営方針


 
 1.各種委員会の活性化

  ・運営委員会の定例化
  ・研究推進委員会の活性化

 
 2.校内研究の推進

  ・授業改善を目指した研修の充実
  ・仮説や着眼に沿い、観点を明確にした協議会の実施。
  ・一般研修の時間確保と内容の充実

 
 3.小規模校の特色ある教育課程の編成実施

  ・豊かな人間関係を作る縦割りの全校活動
  ・異学年合同での学習
  ・同地区内小規模校との交流学習
  ・保護者や地域との連携した学校行事
  ・専科教師による授業の推進

 
 4.教育課程の管理と公開

  ・週、月、学期ごとに授業時数の綿密な点検
  ・学期毎に学校、学級経営案の評価改善
  ・学校便り、学級便りなど各種通信の発行
  ・学校の自己評価、学校関係者評価の公開



 
 1.確かな学力を定着させる授業改善

  ・一人一人の児童の学力実態把握と課題の共有化
  ・各教科の年間指導計画に基づく、指導の重点化を図った学力プランの作成と実施及び評価
  ・教科の学び方を身につけさせる授業の実践
    めあてとまとめを明確にした授業実践
    体験活動の推進
    朝の活動の充実
    読書活動の充実
    校内漢字検定の実施
    外国語活動の推進
    学習規律の確立
    体力向上プランの推進

 
 2.いじめや不登校を生まない人間関係作り

   ・早期対応の体制づくり
   ・教育相談の実施
   ・規範意識づくりの推進
   ・道徳時間の確保と内容の充実
   ・心のノートの活用推進
   ・かがやき、あおぞらの活用
   ・生活等アンケートの実施



 
 1.きれいで、安心な学校づくり

  ・新陳代謝のごとき環境整備
  ・清掃活動の充実

 
 2.保護者との連携による基本的生活習慣の確立

  ・保護者と連携した基本的生活習慣の確立 (ノーメディアデー等の推進)
  ・家庭学習の習慣化 (がんばりっ子ノートの推進)
  ・家庭訪問等を通して課題や解決の共有化
  ・PTA活動への連携強化

 
 3.地域の教育資源活用

  ・単元、題材等のねらいの達成に有効な地域素材の教材化や人材活用の推進

 
 4.地域との連携

  ・校区安全対策委員会との連携強化
  ・学校評議員との連携強化